薬剤師求人の年齢制限

一般的に転職を考がえる時には色々な事情がありますが、男女共により待遇のいいところへと転職を検討することが多いようです。
女性独得の事情としては結婚や出産を機会に労働時間を短くするための転職も多いようです。


職種によっては一定年齢以上になると転職が困難になる場合があります。
転職に有利な年齢、不利になって来る年齢は職種によって異なりますが一般的には若い方が有利な傾向があります。


以前は薬剤師といえば、街の薬局か病院の薬局で働くのが一般的でしたが、今は、昔通り街の薬局や病院の薬局はもとより、スーパーの薬局、薬店チェーンでも働くようになりました。
現在の薬剤師が働く職場は基本的には、調剤薬局、ドラッグストアー、病院、診療所、製薬会社などです。


病院では薬剤師の仕事は主に医師の指示にしたがい調剤をすることですが、服薬指導や薬歴管理などを担当します。
調剤薬局でも、調剤、服薬指導、来歴管理などをします。


ドラッグストアーでは一般医薬品の相談や接客販売業務や販売管理業務も担当するのが今の薬剤師です。
時にはドラッグストアーの経営管理を担当するような立場になることもあります。


製薬会社や治験関連業務で薬剤の研究や開発、治験者への説明業務などにも参加します。
もちろん営業担当者として病院や医院にたいする販売業務を引き受けることも有ります。
さて、このようなさまざまな仕事をこなす薬剤師の職業年齢というのはどのようなものでしょうか?

Copyright © 2014 薬剤師の適職年齢 All Rights Reserved.